法律のご相談は、大阪府池田市の「竹原司法書士事務所」にお任せください!

阪急宝塚線石橋駅西口徒歩3分

〒563-0032 大阪府池田市石橋1-10-14 井上ビル2F

h_tel072-763-2755

  • HOME
  • > 成年後見制度について

成年後見制度について

adult_img01

com_tit06

人間、誰しも加齢による身体的、精神的能力の減退という可能性があります。また、核家族化による家族相互扶助能力の低下も問題となっております。その問題解決の一手法として成年後見制度があります。

成年後見制度について

成年後見制度とは、先天的、後天的の精神疾患、認知症等により、判断能力が一般人より劣っている方のサポートをする制度と考えてください。
なお、誤解されては困るので、付言させて戴きますが、「判断能力が劣っている」というのは判断が出来ないと言うことでは無く、判断するための情報を的確に得て、自己の判断が将来どの様な効果を発するのかを理解することが困難であるということです。

現代は経済そのものが複雑になっておりますし、特にIT技術の躍進により、一昔前であれば存在しなかった取引が、現在において行われています。
この様に一般の方であっても、複雑な取引の世界に、物忘れが著しい方等を放置すれば、当然、思いもよらない不利益を被ることは明らかです。

adult_img02

成年後見制度を利用するには

成年後見制度を利用するには家庭裁判所の審判が必要です。診断書を提出し、場合によっては鑑定を実施し、不必要な人に後見人等を付けて不利益が及ばないよう慎重に手続が行われます。

成年後見制度は一つではありません。本人の能力の程度によって、成年後見、保佐、補助と数種の制度が準備されています。なお、全て家庭裁判所の審判手続によります。

adult_img03

任意後見制度について

家庭裁判所の審判によらない、任意後見制度というものがあります。これは、今現在後見は不要であるが、将来に備えて信頼できる方と契約して代理権の範囲を定めて後見人になってもらう制度です。

※後見制度は本人のための制度ですが、反射的効果として、遺産の保全という側面がある事も否めません。
つまり、親が自分の財産を好きにするのは構わないが、認知症のため不必要な散財や、親族に金銭を取られてしまうの防ぐことが期待されているのも事実です。

adult_img04

当事務所は、後見申立も多数行っており、また、家庭裁判所から後見人に選任されて、後見業務を実践しておりますので、後気軽にご相談ください。

com_img01 com_img200
totop