法律のご相談は、大阪府池田市の「竹原司法書士事務所」にお任せください!

阪急宝塚線石橋駅西口徒歩3分

〒563-0032 大阪府池田市石橋1-10-14 井上ビル2F

h_tel072-763-2755

  • HOME
  • > 家事問題

家事問題について

housework_img01

com_tit06

「法は家庭に入らず。」という法格言があります。家庭、家族の問題は、家庭の自治に任せようということです。しかし、民法等により家庭裁判所が関与すべき事柄が規定されておりますし、全てを家庭内自治に任せておけない事は容易に推測できます。これらを踏まえて処理方法や手続を紹介します。

当事者の話し合いで解決

当事者の話し合いで解決できれば一見問題ないように思われます、しかし、解決内容、例えば離婚の際の財産分与、養育費の支払い、慰謝料の支払いについて、継続的な支払という選択が為されたとき、その履行の担保が必要になります。

この場合は、公正証書の作成や抵当権の設定という別途法的手続を利用することをお勧めします。

housework_img02

家事調停について

当事者の話し合いが纏まらない、または、話し合い自体が困難という場合、家事調停を利用することが出来ます。

調停はあくまで話し合いですが、調停委員が間に入り、当事者同士が面と向かって話し合うものでは有りません。相手に、面と向かって言えないことも話せる事はメリットでは無いでしょうか。

housework_img03

家事審判について

家事事件の殆どは調停前置主義をとっており、家事審判をいきなり起こしても、調停に回されます。

※ 家事調停が出来る内容はかなりの範囲の内容を目的と出来ます。
例えば「夫婦関係円満調整調停」という、夫婦関係の円満を調停して貰う事もあります。その点、審判事項は法定されていますので注意が必要です。

housework_img04

訴訟手続について

離婚人権は審判ではなく、普通の裁判手続によります。原告被告に分かれ主張立証という手続を行っていきます。

ただ、人事訴訟も調停前置主義となっておりますので、最終手段と言っていいでしょう。また、当事務所で扱った事件に「養子縁組無効確認訴訟」や「養子離縁無効確認」といったもの、「婚姻無効確認訴訟」というのもありました。

housework_img05
com_img01 com_img200
totop