法律のご相談は、大阪府池田市の「竹原司法書士事務所」にお任せください!

阪急宝塚線石橋駅西口徒歩3分

〒563-0032 大阪府池田市石橋1-10-14 井上ビル2F

h_tel072-763-2755

  • HOME
  • > 相続問題

相続問題

inherit_img01

com_tit06

相続、遺産の争いは、他人とのトラブルではなく、親族間の問題であるが故、慎重な対応が求められます。

遺言の作成

遺言の作成(公正証書遺言、自筆証書遺言の作成について原案の起案及び公正証書遺言の証人に携わっております。)

inherit_img02

遺産分津調停

遺産の配分について相続人全員の合意が出来ない場合、家庭裁判所で話し合う手続です。

inherit_img03

遺産分割審判事件

調停で解決しない場合、家庭裁判所に審判して貰う手続です。審判とは通常の事件の判決と同義と考えてください。

inherit_img04

相続放棄

ある一定の期間内に家庭裁判所に申述して相続を放棄することです。放棄とはプラスの遺産もマイナスの遺産も全て放棄することです。不動産を相続するが、借金を放棄するということは出来ません。

inherit_img05

遺言は、個人の所有権の拡大という一面を持っています。死んだ後も自己の所有権、つまり財産の処分権限を認めるということです。ですから、遺産の処分は故人の自由であるはずですが、残された人の生活等も考え全てが自由になるわけではありません。

遺言作成についても相続人の権利も考慮しつつ、自己の望みを叶えるために工夫が必要です。

また、相続人にしても、遺言が基本的人権を保障する所有権の拡大である事を鑑み、また、故人の遺志を尊重する態度が必要ではないか、これが、遺産を巡るトラブルを防止し、また、円満に解決する指針となるのではないかと考えております。

com_img01 com_img200
totop